ひょうろくの昔は偽りのイケメン!2018年から劇的異変なにがあった?(動画)




地上波やYouTubeのチャンネルに出演するたび話題となる、ひょうろくさん。

腰が低くオドオドした印象を受けますが、昔の映像を見て「キャラが違う」「別人すぎて怖い」「演技?」と疑念を抱く人は少なくありません。

そこで本記事では、昔と今のキャラはどっちが本当のひょうろくさんなのか調査した結果、

昔のひょうろくは偽りのイケメンで、2018年頃から今の自然体のひょうろくさんになっていったと分かりました。

ひょうろくさんを知る周りの芸人の証言年齢や経験と共に力みを解いていったと言えそうです。

昔のひょうろくさんの動画プロフィール、コンビ「ジュウジマル」の経歴M-1出場歴についてもご紹介します!

それでは一緒に見てみましょう!




ひょうろくの昔は偽りのイケメン!2018年から劇的異変なにがあった?(動画)

ひょうろくさんの独特なキャラクターは演技なのでしょうか…。

昔の動画を見ると今とまったく印象が違います。

しかし結論から申し上げて、昔のひょうろくは偽りのイケメンで、今は力が抜けた、より自然なひょうろくさんに戻ったのだと考えるに至りました。

昔のひょうろくキャラが分かる動画①

昔のひょうろくさんのキャラが分かる動画はこちらです。

今から約10年前なので、ひょうろくさんが20代の頃の映像です。

ひょうろくさんの服装の印象も今と違います。

ジャケットを羽織り、ハットをかぶっていたオシャレな印象です。

買い物したものを披露する番組のコーナーでしょうか。次々に購入したものを紹介しています。

最後に見せた指輪は3万円と値段の高い品物です。

番組的に値が張るものも購入しないといけない感じなのでしょうか。(芸人って大変だな)

筆者個人的にはその前に紹介していたミュージカル「ライオンキング」のCDを購入している辺りにイイ人感ただよってると感じました(笑)

昔のひょうろくキャラが分かる動画②

昔のひょうろくさんのキャラが分かる動画2つ目はこちらです。

こちらもスーツ姿で、背筋もすっとして、口調もはきはき大きな声で漫才をするひょうろくさん・・・!驚

ひょうろくさんは、橋口ひとしさんとコンビ『ジュウジマル』を組んで漫才を行っていました。

今は解散し、橋口ひとしさんは芸人を引退され故郷の鹿児島に戻っています。

今はもう見ることのできない貴重なコント映像でした。




ファンが明かす2018年からのひょうろくの変化

ファンが明かす2018年からのひょうろくさんの変化がありました。

2018年にはインターネットラジオ番組「ジュウジマルのきんごきんごラジオ」に出演しており、段々と世間からの認知が進んだ年でした。

それまでは本名の「白澤直樹(しらさわ なおき)」で活動しており、先にご紹介した動画のとおり、“カッコいい兄ちゃん”的な雰囲気でしたが、この頃、芸名を「ひょうろく」に変更しました。(参照:note

本曰く「今のほうが自然」

過去のひょうろくさんの動画を見てみると、別人レベルで今と違いました

しかし、本曰く「今のほうが自然」だと言います。

2024年6月7日「お笑いナタリー」のインタビューで芸人のみなみかわさんと構成作家・飯塚大悟さんがこのように明かしていました。

みなみかわ「本人が言ってましたよ、昔は無理してて、今のほうが自然な感じやって。」

飯塚「昔の姿が本当で、今キャラを作ってると言う人もいて。」

みなみかわ「もしそうだったら、今何キャラやねん?(笑)。」

飯塚「『このキャラで売れるぞ』って、戦略的に作るキャラじゃない(笑)。」

みなみかわ「ひょうろくとしか言いようがないキャラだから、これが自然なんかなと思いますよ。」(引用:お笑いナタリー

調べてみると、みなみかわさんも数年前にコンビ解散をしてリスタートをきっている芸人さんなんですよね。

ひょうろくさんとも境遇が近く、きっと普段のひょうろくさんをよく知る方なので、「本人曰く」には説得力がありますね。

昔のひょうろくさんは、無理してカッコつけていたのかも?しれません。

周りの芸人の評価「謎のままでいてほしい」

そんな魅力的なキャラクターのひょうろくさんについて、周りの芸人はどのような評価をしているのでしょうか。

再び「お笑いナタリー」のインタビューを参考にすると、

  • ひょうろくは面白い。
  • 『芸人』カテゴリーではないほうがいいかもしれない。
  • なんだかわからない存在だから余計に面白い。
  • ミステリアスさがいい。

といった評価を得ていました。

左からみなみかわ、ウエストランド井口、飯塚大悟。

左からみなみかわ、ウエストランド井口、飯塚大悟。 出典:お笑いナタリー

みなみかわさんは、過去2024年1月のインタビューの際もひょうろくさんの魅力についてこのように語っていました。

飯塚「まだあんまり掘り下げないでほしい。夢を壊されたくない。ミッキーみたいな存在だから(笑)。(後略)(引用:お笑いナタリー

井口さんも、

芸人だったら過去とか家族とか、丸裸にされますもんね。(引用:お笑いナタリー

と語っていました。

ひょうろくさんの面白さは、なんだかよく分からないミステリアスさが魅力でもあると周りの芸人は評価しています。




ひょうろくのキャラ変はなぜ?

ひょうろくさんの今のキャラクターが素であり昔は無理して作っていた。ということが分かりましたが、

それでは、一体なぜ、ひょうろくさんはキャラ変したのでしょうか。

昔のひょうろく

昔のひょうろく

年を重ねて落ち着いた(力が抜けた)

ひょうろくさんのキャラ変の理由の一つは、年齢を重ねて落ち着いた(力が抜けた)からです。

ひょうろくさんの昔の映像の時と違うことは主に2つです。

  1. 年齢
  2. コンビ解散

まず10代20代の頃は誰でもそうかもしれませんが、意気込みというかある程度気張ることは普通だと言えます。

一般男性のアンケート「30歳を超えて変わったなあと思うこと」の1つをご紹介すると、

「『大人になる』という言葉の意味合いが変わった。若い頃はとにかく自立し成熟し何事にも動じなくなるイメージだったが、結局そういう子供の頃からの欠陥を持ち続けたまま生きるもので、そういう自分を認めつつ自分なりに生きる、みたいなことが『大人になる』ということなのでは、という考え方になった」(35歳/会社員)(引用:exiteニュース

という30代男性の心情の変化が分かりました。

昔のひょうろくさんは、芸人として成功するために本来の自分とは違う人物を敢えて演じていた可能性があることと、

年齢を重ねて、他の誰かになると気負うことがなくなり、力が抜けて、今のひょうろくさんのキャラクターに戻ったのかもしれません。

人は挫折の経験を経て謙虚になる

ひょうろくさんのキャラ変の理由二つ目は、人は挫折の経験を経て謙虚になるからです。

キャラ変した時期は、突如変化!という訳ではないでしょうが、きっかけはピン芸人への転身ではないかと思います。

ひょうろく ピン芸人の今

出典:X

ひょうろくさんは、2020年にジュウジマルのコンビを解散後、ピン芸人に転身しました。

これを挫折と括るのは語弊があると思いますが、仮に思っていた未来と違ったとしたら…。

長く続けたバンドマン~ホストに転身し、自身も挫折の経験があるというリアライフカウンセラー・藤本シゲユキ氏が人は挫折の経験を経て謙虚になるという説を唱えています。

藤本シゲユキ氏

藤本シゲユキ氏 出典:witheonline

「上には上がいる」「自分で思うほど大したことはなかった」と現実を思い知った時に人は挫折を経験し、謙虚になったり不貞腐れる人がいると言います。

ひょうろくさんの場合は、不貞腐れるでもなく、身の丈を知るといったような謙虚さが全面に出るようになったのかもしれません。

他には例えば、ずっと欲しかった金や名声を手にした時に、人は万能感を持ち謙虚から遠い状態になりがちです。

そこで「調子に乗ってはいけない!気を引き締めなおさないと!」と思うことができる人が謙虚な人だと藤本シゲユキ氏は言います。(参照:withonline




ひょうろくのプロフィールと経歴

ひょうろくさんのプロフィールと経歴を見ていきましょう!

プロフィール

ひょうろくさんのプロフィールはこちらです。

名前:白澤直樹(しらさわ なおき)

出身地:鹿児島県鹿児島市吉野町

生年月日:1987年7月7日(2024年6月現在 36歳)

身長:177cm

体重:60kg

血液型:A型

趣味:ゴスペル、ギター、映画鑑賞、バレーボール

特技:イラスト、書道

(参照:ザテレビジョンなど)

特技にゴスペルとあるように、ひょうろくさんのYouTubeチャンネル「もち、ひょうろく」では1人で歌ってみたシリーズが並びます。

むちゃくちゃ上手いのに笑いの要素もあり面白いです(笑)

1人なのに、きちんとハモり、メンバーと(?)アイコンタクトを取っている様子が分かります(笑)

経歴

ひょうろくさんの経歴はこちらです。

2012年7月 お笑いコンビ『ジュウジマル』結成
2020年12月 コンビ解散

お笑いコンビ『ジュウジマル』は、高校の時の同級生・橋口ひとしさんに誘われて結成しました。

ジュウジマル

出典:plus.tver

テレビ出演の一例を上げると

  • フジテレビ「笑っていいとも!」
  • 「櫻井・有吉THE夜会」

などなどに出演し、浅井企画の漫才ライブや単独ライブも行っていました。

ジュウジマルのM-1出場歴

『ジュウジマル』はM-1出場歴が何度もありました。

年度 結果
2015年大会 1回戦 敗退
2016年大会 1回戦 敗退
2017年大会 1回戦 通過

2回戦 敗退

2018年大会 1回戦 通過

2回戦 敗退

2019年大会 1回戦 通過

2回戦 敗退

3回戦 敗退

2020年大会 1回戦 通過

2回戦 敗退

(参照:M-1グランプリ公式HP

厳しい世界です…。

ジュウジマル

出典:M-1グランプリ 公式サイト

2019年に相方の橋口ひとしさんが結婚し、芸人だけの給料では家族を養えないと判断し、2020年12月にコンビを解散しました。

最後に出場した2020年M-1グランプリの2回戦は2020年11月でした。

2回戦敗退の結果を以て翌12月に解散したのか…と分かりました。

現在橋口ひとしさんは地元鹿児島に戻り、レストランで働いているそうです。

『ジュウジマル』は浅井企画に所属していたましたが、コンビ解散とともに事務所から退所し、ひょうろくさんは現在フリーです。

今後、活躍の幅がもっと拡がっても、ひょうろくさん本来のキャラが擦れることなく、活躍してほしいなと思います!